コロナの初期症状は!?症状が出たら自宅待機って本当なの?

依然拡大を続ける新型コロナウイルス。

当初は楽観的にとらえていた方も、芸能人の訃報、同じ会社や地域の人の感染で、「他人事ではないかも…」と思い始めているのでは?

今回はコロナに感染した場合の「初期症状と対処方法」をご紹介します!

スポンサーリンク

コロナの代表的な初期症状

  • だるい、筋肉痛、食欲がない、頭痛
  • 鼻詰まり、寒気、咳
  • 発熱、味覚障害

これらが多くの感染者が最初に感じた症状です。
一見すると風邪やインフルエンザのような状態ですね。

発症者に濃厚接触してから早くて1日〜1週間ほどで症状として現われ、回復するまでは1日〜2週間以上と大きく個人差があります。

ただ、日本ではそもそコロナに感染しているかどうかの検査(PCR検査)を受けられるのは、今のところ重症者に限られています。

上記の症状を訴えても、特に若い世代である20代〜30代の方は、治療を十分に受けられない可能性があるのです。

初期症状を感じたらどうしたらいい?

このように、コロナの初期症状は、風邪と判別がつきません。

PCR検査も軽症の場合はなかなか受診できず、むしろ病院に行くことで待合室などでコロナ感染のリスクが高まります。

そのため、専門家は下記の行動を勧めています。

  • 初期症状を感じてもまずは自宅待機
  • 4日以上症状が強まる場合に病院に行く※

コロナウイルスの特効薬は現状ありませんが、基本的に8割の人が軽症で(症状がない人もいる)、1週間で自己治癒すると言われています。

※ただ、持病がある方、免疫が落ちている高齢者、妊婦などは重症化するリスクが高いため、自己判断せず下記窓口などにすぐ相談してください。

厚生労働省が開設した電話相談窓口

電話番号 0120-565653 (フリーダイヤル)
受付時間 9:00から21:00 (土日・祝日も実施)

おわりに

緊迫した状況ですが、初期症状を感じたからとあせって行動してしまうと、無用な感染を増やしてしまうリスクもあります。

電話相談窓口など活用しながら、正しい行動が取れるよう注意しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました