意外と簡単!髪をサラサラにする方法とおすすめケア用品を大公開します!

サラサラの美髪って、それだけで美人度も上がるし、憧れる女子は多いのではないでしょうか?

顔を取り替えることはできないけど、きれいな髪は努力すれば誰でも手に入れられます!

今回は髪をサラッサラにするヘアケア方法と、おすすめのケア商品を、ご紹介していきます!

ぜひ2020年は美人度急上昇の美髪を一緒に目指しましょう☆

スポンサーリンク

手順1.まずは乾いた髪にブラッシングする

「美髪にブラッシングは大事!」

と聞いたことのある方は多いと思います。

どうしてブラッシングは大事なのでしょうか?

正しいブラッシングにはこのような効果があります!

  • 頭皮の血行が良くなり、健康な髪が育つようになる
  • 髪についたほこりや毛穴の詰まりが浮き、シャンプーがしやすくなる

このように、ブラッシングは美髪を育てるために効果的ですが、

間違ったブラッシングはむしろ髪を痛めてしまう原因になります。

この機会に正しいブラッシングのコツをマスターしておきましょう。

正しいブラッシング方法とは?

乾いた髪におこなう

濡れた髪だと髪表面のキューティクルがはがれてしまい逆効果です!

必ずシャンプー前の乾いた髪におこないましょう。

ブラッシング用のブラシを使う

目の細いプラスチック製のクシはもってのほか!

枝毛や切れ毛を量産してしまいます。

マッサージのできる柔らかい専用ブラシを使うのが必須です。

地肌をほぐすようにおこなう

ブラッシングは、前髪、耳の後ろ、背面と、ブロックごとに頭頂部に向かってマッサージするよう優しくほぐしていくのがコツです。

(下から上へ、下から上へのイメージ)

ブラシの先端は90度になるよう意識しましょう。

毛先は最後に軽く整えるくらいに留めます。

おすすめのブラシは?

では、正しいブラッシングに適したおすすめ品をご紹介します!

ドラッグストアなどでは手に入りにくいため、

ネットで探すと見つけやすいと思います。

① Orienex ヘアブラシ

Amazonでベストセラーの人気商品です。

珍しい竹の素材でできており、頭皮の油分と優しくなじみます。

私も実際に使用していますが、クッション性にも優れていてマッサージもしやすくお気に入りです。

② avedaパトルブラシ

「魔法のブラシ」と呼び声高いアヴェダのブラシ。

定番ですがやはり使いやすくおすすめです。

美容のプロがよく愛用していますね。

クッション性はもちろんのこと、ピンが少し長めなので、絡まった髪がほどけやすい作りになっています。

③ タングルティーザー

ヘアブラシブランドの人気商品。

手にほどよくフィットする作りで、頭皮のマッサージに特化しています。

「使うたびにツルツルの髪になる!」と話題で、若い女性を中心に知名度を上げています。

ソフト&ダメージヘア用・ノーマルヘア用・ハード&ボリュームヘア用の3種類があるので、髪質に合わせて選べますね。

手順2.しっかり予洗いする

続いて、ブラッシングで浮かせた汚れを流すイメージで、「予洗い」に入ります。

予洗いとは、お湯で頭を洗うこと。

熱すぎると頭皮の脂を取りすぎてしまうため、38度くらいのぬるめのお湯を使っていきます。

地肌からしっかりと、2-3分を目安におこないます。

ここを手を抜かずにすると、シャンプーの泡立ちが感動するくらい良くなるのです


もし浴室にシャワーフックがあるならシャワーをかけて、両手を使うとやりやすいと思います。

手順3.シャンプーで地肌をマッサージする

予洗いによって、汚れの8割程は落ちているため、シャンプーも「頭皮のマッサージ」を意識して取り組みます。

手のひらに適量(500円玉くらい)を出したら、お湯と空気を入れて泡立てて使いましょう。

耳のうしろ、こめかみ、えり足など、髪が集中している部分は念入りに、これまた頭頂部に向かってマッサージします。

気をつけるのは、絶対に爪を立てないこと。

指の腹でもみほぐすように手を動かしていきます。

頭全体をまんべんなく洗えたら、しっかりシャワーで泡を流します。

頭皮トラブルでよくあるのがシャンプーの洗い残しによる皮膚の炎症。

鏡を使い目でも確認しながら、隅々までおこなうのがポイントです。

手順4.トリートメントで補修する

シャンプーをした後、みなさんは何を使うでしょうか?

リンス、コンディショナー、トリートメントのどれかが一般的かと思います。

それぞれの働きを簡単に見てみましょう。

  • リンス:髪を保護膜で覆い、水分をとどめたり、髪を摩擦から守ってくれる
  • コンディショナー:リンスより強く保護してくれる
  • トリートメント:コンディショナーのはたらきに加え、髪を内部から補修してくれる

このように、リンスとコンディショナーは髪の表面をなめらかにするのに対し、

トリートメントのみ、髪の内部に栄養を届けてくれるのです。

髪の手触りだけでなく内側からの美髪を目指すには、「トリートメント」を使用するようにしましょう。

トリートメントのコツ

まずは手のひらを使って、余分な水分を優しく絞っていきます。

水分が多いとトリートメントの効果が薄まってしまうため、しっかりとおこないます。

続いてトリートメントを手に取ったら、中間〜毛先に揉み込んでいきます。

中間より上に関しては揉み込んだあとに残った分を、軽く指をクシにしてつけます。

全体に付け終わったら、目の粗いクシでとかして、なじむようにしていきましょう。

せっかくキレイにした頭皮に詰まりができないよう、頭皮には、なるべくトリートメントが付かないように気を付けます。

そして髪をヘアゴムなどでまとめたら、5分〜10分置くようにします。

この間に体を洗ったり、化粧を落としたり、半身浴などすると時間を有効活用できます。

おすすめのシャンプー&トリートメントは?

ここまでがシャンプー・トリートメントのやり方でしたが、続いておすすめの商品を紹介します。

少し値が張りますが、美髪を目指すなら高品質のサロン専売品がおすすめです。

下の3つならハズレはありませんので、目的に合わせて選んでみましょう。

① 総合点No. 1のオススメ「ミルボン ディーセスノイドゥーエ ウィロー」

何にしようか迷っている方に、自信を持っておすすめできるのがこの商品。

「使ってみたら髪質が変わった!」という感想が話題となり、ネットでも売り切れが出る人気ぶりです。

「保湿&補修」をテーマにしており、洗い上がりはとぅるんとぅるんです。

シルキー(さらさら)・ウィロー(なめらか)・ヴェロア(しっとり)

上記3種類から髪質に合わせて選べますが、まずは真ん中のウィローで試してみると、合うタイプが分かると思います。

② カラー持ち重視のオススメ「ナプラ ケアテクトHB」

リピーター続出中と話題の「赤いナプラ」です。

ノンシリコンで優しい洗い上がりと、しっかりした洗浄力を合わせ持ち、髪がやわらかくなると評判です。

特にカラー毛を得意としているため、髪色が明るい方など、色持ち重視の方におすすめです。

③ 敏感肌にオススメ「デミ ミレアム ヘアケア」

ヘアケアブランドとして多くの美容師の支持を集める「デミ」。

こちらもノンシリコンなのに洗い上がりはきしまずに、スルッとした手触りになります。

低刺激の優しい成分でできているので、敏感肌の方には特に合っていると思います!

手順5.タオルドライで水分を取る

お風呂から出たら、タオルドライに入ります。

まずは髪の水分を優しく手で絞り、余計な水分を取ります。

そのあと頭皮の水分を吸うように、タオルでポンポンと優しく撫で、毛先はタオルでプレスするようにします。

濡れた髪はとてもデリケートなため、ガシガシせずに優しく優しく進めます。

ある程度水分が取れたら、すぐにドライヤーに入りたいところです。

そのままにしておくとキューティクルがはがれやすく、頭皮にも細菌が繁殖してしまいます。

しかし、各々の時間の事情によってはすぐにドライヤーができない場合もあると思います。

そういうときは、タオルキャップなどで、髪を最低限摩擦などから守るようにしましょう。

私もスキンケアなどを先に済ませたい派なため、その間はタオルキャップでガードして、さらに水分も吸うようにしています。

愛用中のタオルキャップをご紹介!

私はタオルで包むのが面倒なため、被るタイプを使っています!

手順6.ドライヤーの前にオイルで保護する

ドライヤーもそのままスタートしてしまうと、髪を痛める原因になります。

オイルなどで保護すると、乾いた後の質感が全然違います。

オイルにも色々種類がありますが、やはり保湿性が高く髪に優しい植物由来のものが良いです。

おすすめのオイルは?

おすすめはラサーナかミルボンですが、

ドラッグストアで手に入りやすいエルセーヴもオイルなのに重くなりにくく使いやすいと思います。

① ラサーナ

② ミルボン

③ エルセーヴ

手順7.ドライヤーで乾かす

しっかりオイルで膜を張ったら、ドライヤーに入ります。

ドライヤーは根元からしっかり当てていくのがポイント。

シャンプーをするイメージで、頭皮に指をあて左右に揺らしながら、風を当てます。

髪の多い方は、頭を下げてうなじ辺りや耳のうしろもしっかり当てていきます。

頭皮が乾いてきたら、根元から毛先にかけて、

毛の流れを整えながら、キューティクルに沿って乾かします。

最後に冷風で髪全体を整えて、形状を記憶させます。

おすすめのドライヤーは?

大きな出費になってしまいますが、ドライヤーを「良い機種」に変えるというのも美髪のための一手です。

選ぶ基準は「風量は大きいか・ヘアケア機能はあるか・温度は高すぎないか」になります。

「良い機種」のラインは2万円以上と言われますが、価格帯別に「間違いない商品」をご紹介して、この記事は終わりにさせていただこうと思います。

① 1万円以下のオススメ「プラズマクラスタードライヤー|シャープ」

シャープ開発の「プラズマクラスター」を活用したドライヤーで、風も柔らかく風量もまずまず。

指通りもとてもなめらかになります。

② 1万〜2万円のオススメ「コラーゲンイオンヘアードライヤー|TESCOM」

ESCOM独自の「コラーゲンプラチナボックス」をセットすることにより、美容成分を髪に浸透させることができます。

クシを使わずともしっとりサラサラの艶感が期待できます。

③ 2万〜3万円のオススメ「ヘアードライヤー ナノケア|パナソニック」

毛髪内の水分量がアップする「ナノケアシリーズ」。

風量はそこそこなため速乾は期待できませんが、仕上がりが完璧。

シルクのようにとにかくサラサラな髪になります。

④ 3万〜4万円のオススメ「Dyson Supersonic Ionic ヘアードライヤー|ダイソン」

言わずと知れたダイソンの大風量ドライヤー。

低温ですが風力でサラッと乾かすため、髪がまとまりほとんど痛みません。

見た目も革新的で、見るたびテンションも上がりますね。

⑤ 4万円以上のオススメ「レプロナイザー 4D Plus|バイオプログラミング」

「最強」と呼ばれる超高級ドライヤーです。

「バイオプログラミング」という、髪の分子そのものを活性化させる機能が搭載されています。

使えば使うほど髪が美しくなるという不思議なドライヤーです。

おわりに

いかがでしょうか。

美髪をつくるためには「毎日の積み重ね」が非常に大事です。

ぜひ自分に合ったアイテムを味方に付けて、素敵な髪を手に入れてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました