【写真あり】1Kで結婚生活!?超狭いけど「意外と快適に過ごす」3つのコツとは?

こんにちは!新婚アラサーOLのぷり子です☆

私は都心で旦那さんと二人暮らしをしていますが、お部屋の間取りは1K!

これを周りの人に言うととてもびっくりされます・・。

「え!?そんなに狭い家で荷物はどうしているの?」
「生活に支障はないの?」
「ていうか、よく暮らそうと思ったね!」← ヒドイ(笑)

とはいえ、さまざまな理由から1Kで同棲や結婚生活を始めるカップルもいるのでは?

今回は1Kで二人暮らしを始めて2年経過したぷり子が、
狭いながらもなんとか快適に過ごすコツを写真付つきでご紹介したいと思います!


お役に立てたら嬉しいです☆

スポンサーリンク

ぷり子家の間取りはこんなかんじ

まずは間取りの全容を見せますね。

総面積は25平米、リビングは8,8畳。若干縦長の作りです。
「THE・一人暮らし用!」なマンション。

それもそのはず。このお部屋は元々旦那さんが一人暮らし用に借りたマンションなのです。

その後、ぷり子が転がり込む形で同棲を開始し、そのまま結婚生活に突入しています。

そしてなかなか引っ越したくても引っ越せない・・この経緯はまたいつか詳しく書きますね。

実際の部屋の写真がこちら!

誰かの参考になることを願って、部屋の写真も載せちゃいます。ドキドキ。

ベッド、ソファ、テレビ、デスクなどなど、二人の生活に必要な家具は配置していますが、意外と圧迫感なく暮らせていませんか??(そう言ってくれ)

実はここにたどり着くために色々工夫を重ねているんだってばよ。

大きな「3つのコツ」をこれからお伝えしますね。

① 床に物を置かない&ラグは処分!

狭い部屋が少しでも広くなるよう、そしてロボット掃除機の移動ルートを確保するためにも、なるべく床に物を置かないようにしています。

必要ないものは「処分&買わない」が鉄則。
写真を見て気づいた人もいるかもですが、ラグやカーペットも同棲開始時に処分し、敷いていません。

これにより、視覚的な効果で床が広く見えるのと、掃除がめちゃめちゃラクになったんです。

ぷり子家の掃除法はルンバ&ブラーバのフル活用。

1Kでルンバもブラーバも使っている人、他に聞いたことないですが(笑)。

ルンバは3日に1回、ブラーバは週末に1回稼働させて、常に床はサラサラ。

ラグがないおかげで何か食べこぼしをしてもサッと拭くだけで済むため、割と清潔な部屋を保てています。

ブラーバについても暇なときに記事にしてみたので暇なときに読んでみてネ☆

② 照明を調色機能付きに変更!

これも同棲開始後すぐにですが、リビングの照明を、昼光色〜電球色、さらに明るさも選べる「調色機能付きLEDライト」に変えています。

ちなみに一般的なLED電球は下の3種類です。

昼光色

白っぽく青みがかった色で、一番明るい。集中力が高まるため作業に適している。

昼白色

太陽の明るさに一番近い。外と同じ自然な色味なので服を選んだり化粧がしやすい。

電球色

オレンジっぽく温かみのある色。目も疲れにくくリラックスできるのでリビングなどに良い。

この部屋の元々の電球は「昼光色」でした。しかも明るさは選べず、オンかオフしかない。。

旦那さんが一人暮らししていた当初、転がり込んだ私は結構この照明の不便さがストレスで。(勝手に転がり込んだくせに、何言ってんだってかんじですが・・)

昼光色って本を読んだりパソコンや作業するにはぴったりなんですよね。(オフィスや予備校の明るさというイメージです)

でも、寝る前にベッドでゴロゴロするときにもギラギラ明るくてリラックスできないし、ご飯もあんまり美味しそうに見えない。なんだか目がずっと冴えちゃう感じがあって。

そこで早々にネットで購入したのが前述の、昼光色〜電球色、さらに明るさも選べる「調色機能付きLEDライト」なんです。(売り込んでいるみたいですが違いますよ笑)

1Kだとリビングでご飯も作業も睡眠もぜーんぶしないといけないので、部屋ごとに電球を分けることができません。

でも調色・明るさ調節機能が選べる電球なら、時間帯や状況に合わせてリモコンひとつで調整できるので本当に便利。

作業中は昼光色、メイクするときは昼白色、夜は電球色を選んで、かなり快適に過ごすことができています。

オレンジっぽい光の電球色を薄暗くするとバーみたいな雰囲気になるので、テレビと連携しているYouTubeでジャズのBGMを流して、夜にお酒飲む時間がプリ子の大好きな時間♪

電球の交換はネットで調べて旦那さんにやってもらいました。

作業自体は素人でも簡単にできるみたいですが、電球に手が届くくらいの身長か何かしらの台は必須とのことです。(うちはギリギリローテーブルを台にしてやりとげました・・!)

ぷり子家の照明はこちら↓

③ 季節物は実家に避難!

1Kで結婚生活をしていると言うと一番聞かれるのが収納関係!

二人分の荷物はクローゼットと棚の中に入れていますが、
実は全部入りきってはいないんです。。


ぷり子の季節物(洋服)は、近郊の実家に預けていて、夏と冬ごとにキャリーケースでお父さんに車で持ってきてもらい、都度交換しているという形を取っています。
(実家を倉庫代わり方式ですね。えへへ。)

この方法を取れない場合、オフシーズンの服収納は圧縮袋を使うと便利だと思います。

ぷり子家も毛布や布団の収納にはこちらを活用しています。(Amazonでランキング1位のこの商品は掃除機がなくても付属のポンプでギチギチに圧縮できて良きでした☆)

買い足して正解だったものシリーズ

「3つのコツ」は以上なんですが、これも参考になるかな〜と思って、二人暮らしする中で買って良かったものを載せておきますね。

お茶さし

元々お茶は2Lボトルを箱で買う形式取ってたんですが、場所の節約&経費削減で、自分たちで作るようになりました。(やかんは使わず、お茶さしに水道水とお茶パック2個入れて数時間待つだけというズボラ方式)

お茶さしは100均のものを使っていたけど、今はコレ。圧倒的おすすめ。

100均のものは凹凸が多くフタを洗うのが難しくてすぐ汚れていたけど、コレは単純な形をしているからスッキリ洗えて清潔。

ぷり子家は同じやつ3つ持っててローテーションしてます。

米びつ

米は米袋のまま保管してたんですが、場所も取るし計るのも大変だしと困っていたときの救世主。

いくつか種類があって、0,5合ずつ計るのもあるみたいだけど、プリ子家は1合ずつ
計れるものの白色を使ってます!

レバーを下ろすだけで簡単に計れるし、1合ずつだと押す回数少なくて済むし、お米が少なくなってきた上から足せば無駄なく使い切れるし本当に便利。

細長い扇風機

場所を取らない扇風機です。
本当はダイソンのあのかっちょいい丸いやつが欲しかったけど、予算の関係でこちらに。

これって細長いから狭い部屋に置いても全然圧迫感ないし、静かなのにパワフルで(強さは6段階ある)、快適な空間に重宝してます。

ティッシュケース

部屋のおしゃれさって、「いかに生活感を見せないか」だと思うんですよね。(えらそうなプリ子)

ティッシュの箱を見せないだけで、いきなり生活感減るから、まだ使っていない人は試してほしいなあと思います。

袋が見えないミニゴミ箱

これもティッシュケースと同じ意図で買ったゴミ箱。

袋が見えないだけで生活感かなり消えたと感じている。おしゃれで気に入っています。

フタ付きゴミ箱

こっちは大きい方のゴミ箱ですが、これも本当に買ってよかった。

元々ゴミは大きいゴミ袋そのままで使ってたんですよ。でも夏場臭っちゃって。

それで買ったフタ付きゴミ箱ですが、シンプルで飽きのこないデザインだからあっても圧迫感なくて満足しています。

ルンバ&ブラーバ

さっきも触れたけど2つとも大好きすぎるからもういっちょ。

ぷり子家は床が白いから、抜け毛が落ちてるとめっちゃ目立つんです。

そして基本的に床生活で地べた座ってると本当に気になる。部屋狭いと余計に目に入りやすいんじゃないかな?

出かける前にポチッとルンバやブラーバを稼働させておけば、帰る頃にはピカピカになってるの。
そして2つの移動ルートを確保するために、床に物をおかなくなるという相乗効果もあります。

どっちを買おうかなと迷っている人はまずルンバをおすすめします。(ブラーバは拭き掃除なのでプラスアルファなイメージ)

本当に掃除がラクになるので迷っている人はぜひ!狭い部屋でもバリバリ役立つ!愛が強くて長くなってしまった。。

2年間暮らした感想

2年間、「1K二人暮らし」をしてみての感想はこちら。

「超狭いことは間違いない。でも工夫すれば暮らせないこともない(かも)」

そりゃあもっと広い部屋で暮らせるなら100倍そっちがいいと断言しますよ。
部屋が1つしかないと、ずーっと生活スペースが一緒なので、やっぱりストレスも溜まります。

それでも「あくまで仮住まい」ではあると思うので、いつか「昔は1Kで暮らしてたよね」「色々工夫しながら意外と仲良くやってたよね」と笑い合える日が来るといいなと思っています。

これから1Kで二人暮らしするという方たち、ぜひ一緒にがんばりましょう!

LIFE STYLE
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
この記事を書いた人
ぷり子

どこにでもいる20代後半OLです。最近結婚し年上の夫と都内で仲良く暮らしています。好きなものは自然とお酒と美味しいご飯。等身大の生活について自分の言葉で発信していきたいと考えています。よろしくお願いします。

ぷり子をフォローする
ThreeFree

コメント

タイトルとURLをコピーしました