【解説】マッチングアプリに登録してみた!ペアーズ(Pairs)の始め方を写真付きでご紹介

前回の記事ではマッチングアプリをまだ利用したことがない方向けに、安全面についての解説と、おすすめのアプリとしてペアーズをご紹介しました。

今回の記事では「よし、じゃあ実際にペアーズに登録してみようかな」と思った方向けに、ペアーズの始め方を写真付きで解説します!

スポンサーリンク

ペアーズ(Pairs)の登録方法

まずはApple Storeなどからペアーズのアプリをインストールしましょう。

インストール完了後、アプリを立ち上げると次の画面が表示されます。

ペアーズでは以下3つの方法で登録可能です。お好きな方法を選択してください。

・Facebookから登録
・メールアドレスから登録
・携帯電話番号から登録

登録手順(メールアドレスの場合でご紹介)

Facebookを利用していない方のために、ここからはメールアドレスでの登録方法を画像付きでご紹介します。

「メールアドレスではじめる」のボタンを押す

メールアドレスを入力する

キャリアのメールアドレス(docomo,au,softbankなど)やフリーメール(GmailやYahooメールなど)からお好きなものをご利用ください。

認証コード6桁を入力する

メールアドレスを入力すると下記画面に遷移します。このとき、認証コード6桁の記載されたメールが入力したアドレス宛に送信されていますので、一度ペアーズのアプリから離れ、Gmailアプリなどを開きメールを確認しましょう。

下記画面のようにペアーズから認証コードが届きます。6桁の番号を確認後、ペアーズのアプリに戻り、10分以内に番号を入力しましょう。

Gmailで登録した場合、認証コードの記載されたメールが「プロモーション」に振り分けられてしまう可能性がありますので、メールの見落としにご注意ください。

「利用規約」「プライバシーポリシー」に同意する

画面の上部にはペアーズで成立したカップルの写真が並びます。羨ましい…!
自分も幸せを手にするぞ!と決意を心に固めながら、チェックボタンを押しましょう。

ニックネームを登録する

ペアーズ上で表示されるニックネームを登録します。身バレが怖いなどあると思いますが、出来る限り「実際のファーストネーム(下の名前)」を登録することをおすすめします。ペアーズを利用している人は真面目な恋愛を求めていますので、下記画面のような名前を登録してしまうと、あまり相手にされなくなってしまいます…。

Facebookから登録した場合は、Facebook上に登録している本名を自動でイニシャルに変換したものがニックネームとなります。実際にペアーズを利用すると、イニシャル表示の人を多く見かけると思います。

性別を登録する

ご自身の性別を登録します。

生年月日を登録する

生年月日を登録します。あとから修正は行なえませんので誤入力に注意しましょう。

 

後ほど年齢確認の認証を行いますが、ここで入力した生年月日の情報と身分証明書の情報が一致しない場合は年齢確認が認証されず、ペアーズを利用することが出来ません。
生年月日の情報はプロフィール上に表示されませんので、身バレなどは心配せず、必ず正しい生年月日を登録しましょう。

居住している地域を登録する

お住まいの地域を登録します。

ペアーズでマッチング相手を探す際、やはり人口の多い東京や大阪などを条件に入れて検索することが多いです。あまり良くないテクニックですが、たとえば千葉住みだけどほぼ東京に位置している場合は、東京で登録したほうがマッチングの機会が増えることになるでしょう。

身長を登録する

身長を盛りたい気持ちは分かりますが、直接合ったときに確実にバレますので、極力本当の身長を登録しましょう。

たとえば女性側が「170cm以上」を条件に入れて検索することが多いとすると、169cmで登録してしまっては損ですよね。「区切りを良くするために身長をやや盛る」はマッチング率を高めるためにも有効な手段なので、バレない程度に試してみてはいかがでしょうか。

職種を登録する

直接会う際は必ず仕事の話題が出ますので、虚偽のないよう設定しましょう。

やはり公務員、大手企業、大手外資、大手商社、医者などわかりやすくハイスペックな職種を検索条件に入れる女性は多いため、嘘ではない範囲で極力見栄えの良い職種を選択しておきましょう。

休日を登録する

お仕事の休日を登録します。デートの日程を決める際に参考になる情報となります。

平日であれば不動産や美容師、不定期であれば看護師など、休日情報だけでも相手の職業を予測することが出来ます。マッチングしてから最初の話題として使いやすいプロフィール項目の一つですね。

同居人の有無を登録する

一人暮らしなどの情報を登録します。

男女ともに言えることですが、「実家暮らし」はマイナス要素と捉えられる可能性が高いためおすすめしません。その場合は「その他」を選択しておき、直接会ってからやんわり伝えましょう。

結婚歴を登録する

未婚独身か、離婚経験がある独身か、などの情報を登録します。

当たり前ではありますが、ペアーズは既婚者の利用を禁止しています。ペアーズは真面目な恋愛を求める人が利用していますので、冷やかしで既婚者が登録することは絶対にやめましょう。

自身が希望する結婚時期を登録する

自分の考えに近い結婚時期を登録します。

「良い人がいればしたい」が攻守ともに最強なので、迷った際はこれを選択しましょう。
「すぐにでもしたい」はゆっくり相手を探したい人にとって、「2~3年のうちに」は急いでる人にとってマイナス要素になってしまいます。

タバコの喫煙有無を登録する

喫煙有無を登録します。好みの分かれる部分ですね。

喫煙者の方は「相手が嫌ならやめる」が良い選択肢です。大事なのはプロフィール時点での敬遠を避けることなので、細かいところは直接会って調整しましょう。

年収を登録する

額面の年収に近いものを登録します。

やはり年収は高ければ高いほどモテ要素となります。もし実際の年収が高くないのであれば、「未設定」や「表示しない」を選択しましょう。マイナス要素をあえて記載する必要はありません。

お相手の希望年齢の下限を登録する

たとえば下記画面のように「22歳」を下限として設定した場合、18~21歳で登録している方が検索結果から除外されることになります。

マッチングアプリにおける常識の一つですが、余程の強いこだわりがない限り、守備範囲は広く設定しておきましょう。下限については「気にしない」でも良いくらいです。

お相手の希望年齢の上限を登録する

たとえば下記画面のように「35歳」を上限として設定した場合、36歳以上で登録している方が検索結果から除外されることになります。

ペアーズでは様々な年齢層の方が登録していますので、上限設定を高くし過ぎると本当にその年齢層からアプローチが来たりします。上限についてはリアルな守備範囲をおすすめします。

位置情報の利用許可を登録する

マッチングアプリと言えば位置情報です。利用を許可しましょう。

近くにいる人とマッチングした場合、サクッと飲みに行く話になりやすいです。距離が示されるだけなので個人情報の心配はありません。

お相手の居住する希望地域を登録する

複数選択可能です。

希望年齢と同様、守備範囲はなるべく広く設定しましょう。東京住みであれば関東一帯をすべて選択しても良いです。

プロフィール写真を登録する

マッチングアプリにおける最も重要な項目です。このためにベストな写真は必ず用意しておきましょう。

↑ではサングラスをかけた写真をサンプルとして使用していますが、恥ずかしいからと言ってこのような顔がわからない写真は絶対のせてはいけません。利用を開始したらわかりますが、ほぼ全員ちゃんと顔を出していますので、顔を出さずに相手を見つけるという考えはなくしましょう。

登録完了

この画面が表示されたら登録完了です。

登録完了後に必ず行うこと

やっと開始できる!と思いたいところですが、ペアーズを利用するためには以下2点の対応が必要になります。もう少しだけ頑張りましょう。

・年齢確認
・有料会員登録(男性の場合)

年齢確認を行う

ペアーズでは18歳以上の年齢確認できない場合はメッセージ機能が使用できない仕組みになっています。このままでは誰ともメッセージを交換できませんし、年齢確認には審査に少し時間がかかりますので、早めに年齢確認の作業を済ませておきましょう。

年齢確認には運転免許証などの身分証明書の提示が必要となります。

スマホで証明書を撮影します。

申請が完了しましたら、承認されるまで暫く待ちましょう。

有料会員の登録を行う

男性の場合、無料会員のままペアーズを楽しむことはほぼできませんので、お金を払い有料会員になる必要があります。

料金プランは以下の通り。ペアーズ側は6ヶ月プランを推奨しています。

私自身の経験上、6ヶ月はなかなか長いです。参考までに、私の場合はザックリ以下の感じで月日が流れたので、3ヶ月でちょうど良かったです。
<1ヶ月目>マッチングを繰り返し連絡先を交換する。一部の人と会い始める。
<2ヶ月目>会う→なにか違う→次の人に会う→微妙→次の人…を繰り返す
<3ヶ月目>新しい人を探すことが疲れてくる。なんやかんや2回目のデートが増え始める。

おわりに

いかがでしたか?今回はペアーズの始め方についてご紹介しました。

ここまで来ればあとは実際に異性とマッチングを楽しむだけです!ワクワクが止まりませんね!
次回は上手に異性とマッチングするためのテクニック編を記事に纏める予定ですので、是非そちらも読んで参考にしてくださいね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました